外国旅行記  1/4 Menu Next
 
 

昭和48年6月、当時在職中の社団法人「大阪国際見本市協会」の委嘱を受け、翌昭和49年4月開催予定の第10回大阪国際見本市への外国からの公式参加を招請するため、約一ヶ月の日時を費やして、11カ国を単身訪問した。
(訪問国と各々の首都名は別記)。コースは往きは南回り、通過国の国立航空に頼り、帰路はは北極回り、日航ジャンボジェット機を活用した。使用言語は英語とフランス語、前者はトルコを含むアジアとアフリカの各国で、後者は主としてヨーロッパで多用した。
旅行に要した金額は当時の通貨で1,000,000円に上がった。


エジプトへ来た以上ピラミッドを見ずに帰れない。

ギリシャの首都アテネにあるアクロポリス

パリの凱旋門

スペインはマドリッドの闘牛場